プロフィール
株式会社アリスカンパニー 長坂有浩
株式会社アリスカンパニー 長坂有浩
株式会社アリスカンパニー
代表取締役

国際証券(現三菱UFJ証券)にてM&Aアドバイザリー業務、上場企業のエクイティファイナンスを手がけた後にJPモルガン証券にてエクイティファイナンス事業の立上げメンバーとして、IPOのアドバイザリー業務を行い、2社のIPOを主幹事証券会社として支援。
その後経営コンサルティング会社にてM&A、IPO、資金調達等の各種財務アドバイザリー、事業立上げ、事業戦略等各種経営コンサルティング等に従事。

同社設立後は上記業務に加えて法人を対象とした「ぐち聞きサービス」等のメンタルケアサービスを展開。経営者のメンタル面のケアをしながら、事業成長戦略や資本政策、資金調達をサポートする独自のスタイルでサービスを展開中。
また、ドリームゲートでは、完全無料の起業家支援を通して、これまで培ってきたノウハウを惜しみなく提供しています。

慶應義塾大学法学部政治学科卒業
Wake Forest University Babcock Graduate School卒業(MBA修士)
AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2009年08月22日

【き】 キャッシュフロー

キャッシュフロー:

【き】 キャッシュフロー

**********************************************
1年間のお金の出入り。家計簿のようなもの。
キャッシュフロー(CF)を見ないで損益計算書(PL)だけ見てると、お金がない理由がわからなくなる。
**********************************************

「CASH is KING」

という言葉があります。

日本語で言うと

「金が王様」

意訳すると

「金があればなんでもできる」

ということでしょうか。


・・・ちょっと誇張しすぎましした。失礼しました。

この言葉、成金のためのものではありません。

会社経営全般にいえる言葉です。


キャッシュフローはいわば「家計簿」です。

収入がどれぐらい入って、支出がどれぐらい出たか。
純粋に「お金の出入り」だけに注目しています。

損益計算書(PL)の場合、

売上や経費は含まれていますが、
土地を買ったとか、機械を買ったとか、オフィスの保証金を払ったとかは含まれていません。
銀行から借りたお金とか、返済したお金とか、増資をしたお金も含まれていません。

だからPLだけを見ていると、実はお金の出入りがよくわかりません。

これはちょっと専門的なのでここでは詳しく説明しませんが、
PLの場合、

まだ入金されていないお金も売上として計上されたり
これから支払う予定のものもコストとして計上されたりします。


そうなると、実際に財布から出たり入ったりしている金額とはずれてきますね。


売上が上がっているのに何故かお金がない。

そんなときは、キャッシュフローを見てみるといいです。


キャッシュフローという言葉がちょっと難しく聞こえるかと思います。


単なる家計簿です。


ちなみに銀行では「資金繰り」と言います。
この説明はまた後日。


同じカテゴリー(ワンポイントレッスン)の記事
【じ】事業計画書
【じ】事業計画書(2009-12-20 00:02)

【さ】3C分析
【さ】3C分析(2009-12-17 00:58)

【さ】 差別性
【さ】 差別性(2009-08-27 11:44)

【こ】 公募増資
【こ】 公募増資(2009-08-25 23:55)

【こ】 固定費
【こ】 固定費(2009-08-24 23:53)

【け】 経営理念
【け】 経営理念(2009-08-24 12:02)


Posted by 株式会社アリスカンパニー 長坂有浩 at 09:29│Comments(0)ワンポイントレッスン
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。